シンガポール

○梶原吉広さんのシンガポール移住について

梶原吉広さんはgloopsの売却後、シンガポールへと移住しています。
シンガポールには毎年多くの日本人富裕層が移住しているようです。
現在のシンガポールには3万人ほどの日本人が在籍している上、そのほとんどが企業の駐在員のようです。
引退した富裕層が快適な生活環境や低税制を理由に移住することが多かったらしく、梶原さんが移住した理由も当てはまるのではないかと思われます。
また、それだけでなく、金融業の規制が少ないことやシンガポールの金融インフラの充実ぶりも理由に挙げられるようです。

ベンチャー企業ならシンガポール!?
ベンチャー企業への投資をする際にはシンガポールの重要性が高い、という情報もあります。
ヒト・モノ・カネ・情報の集うシンガポール。情報収集にも苦労しないというメリットがあります。
IT起業家は自分の会社を大企業に売却し、一定の資産を持つことで投資家となり、ベンチャー企業へ初期資金を提供するという仕事へ移行する人が多いのです。
IT業界の情報に精通した人は有望な企業を見極める才にも長けており、これからのシンガポールのIT業界はそのような投資家にとって魅力的なものです。
梶原吉広さんもその関連の活動をしていると考えられます。